みんなで選ぶ薬局アワード

一般の方に薬局の素晴らしい取り組みを知ってもらう


第2回みんなで選ぶ薬局アワードを、2018年5月20日(日)に開催致しました。
第3回みんなで選ぶ薬局アワードを、2019年5月19日(日)に開催する予定です。

みんなで選ぶ薬局アワード公式サイト

http://pharmacyaward.com

※第1回みんなで選ぶ薬局アワードは2017年4月9日に開催し、終了致しました。
※第2回みんなで選ぶ薬局アワードは2018年5月20日に開催し、終了致しました。

みんなで選ぶ薬局アワードについてもっと知りたいという方は、コチラ(報告レポート)をご参考下さい。

 

■開催の経緯

厚生労働省が患者のための薬局ビジョンを掲げ、改めて薬局・薬剤師のあるべき姿を明確にしており、そこには、かかりつけ薬局・薬剤師が服薬情報の一元的・継続的な把握を行うことがあるべき姿のひとつとして記載されています。
その一方で、生活者にアンケートをとったある調査※では、4割の方がかかりつけ薬局という言葉を見た(聞いた)事はない、6割近くの方がかかりつけ薬局を持っていないといった厳しい評価も見受けられています。

今後の医療現場において、薬局・薬剤師が果たすべき役割、求められている役割は非常に大きいものだと感じています。しかし、『薬局が何をしていて』『どんなサービスを提供している』のかを発信し、もっと世の中に知ってもらわない限り、薬局・薬剤師が持つ素晴らしい能力を最大限に発揮することはできません。

多くの人々に薬局の取り組みを知ってもらうことで、今まで”どこの薬局も同じ”だと思っていた患者さんに、新しい薬局の見方を提供することができます。これは、国が推奨しているセルフメディケーションの足がかりとなる「かかりつけ薬局」を選択する判断材料にもなります。

一方、薬剤師・薬局業界では、素晴らしい先輩方が、薬局の可能性を広げるために、日々、精一杯に現場でがんばり、工夫を凝らしています。そんな思いを今後につなぐため、一般の方に薬局の取り組みを知ってもらい、また、これからの未来を担う子どもたち、薬学部の学生に夢を与えるきっかけになればと思い、イベントを開催することとなりました。

※日本調剤株式会社・薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識

■開催の目的

薬局の素晴らしい取り組みを一般の方により知ってもらう

■4つの思い

1.どこの薬局も“同じ”だと思っていた人々に新しい薬局の見方を提供する
2.地域の信頼のおける薬局に通い、病気の予防や健康の維持につなげる
3.患者視点に基づいた創意工夫を共有することにより、薬局間で相互に高め合う
4.薬剤師、経営者、また薬剤師の卵である学生、子供達に夢とやりがいを与える

■実施内容

「薬局ってどこも一緒じゃないの?」「信頼のおける薬局を探したい」そんな患者さんの疑問や要望に応えるべく、一般の方々に薬局の取り組みを知ってもらうことを目的としたイベント。
イベントをきっかけに「薬局ってこんな一面があるんだ」「今まで薬局にそんな相談したことがなかった」など薬局について新たな気づきを得て頂き、薬局をより活用してほしいという思いを込めて企画。

全国から薬局が創意工夫している取組を募集。薬局エントリーは無料。審査基準に基づき、一次選考、二次選考を通じて、代表薬局6組を選定。みんなで選ぶ薬局アワード当日に各薬局代表者が来場の一般の方に対してプレゼンテーションを行う。当日の来場者の投票によって最優秀賞を決定する。

【対象者】一般の方、薬局の経営者、管理者、勤務薬剤師、医療関係者、薬学生

■参加申し込み・薬局エントリー募集

※第2回みんなで選ぶ薬局アワードは2018年5月20日に開催し、終了致しました。
尚、第3回みんなで選ぶ薬局アワードを、2019年5月に開催予定です。それに伴い、2018年12月より薬局エントリーを開始致します。順次、情報を公開していきますので、宜しくお願い致します。

■みんなで選ぶ薬局アワードに関するお問合せ

取材したい、参加したい、お手伝いしたい、協賛したい・・・
などございましたら、こちらまでお問い合わせ下さい。

 

ページ上部へ戻る